ヒアルロン酸とコラーゲンに関して

ヒアルロン酸とコラーゲンはいずれも体のあらゆる所に存在しています。「ヒアルロン酸」は主に皮膚や軟骨、目、脳、関節液などに多く含まれたものでゼリー状であることが特徴的です。

 

水の分子を結びつける性質があり、肌や目のうるおいを保持する役目をします。目のうるおいを維持したり、関節の動きを円滑にし、肌にうるおいや弾力を与えるという体において重要な働きを行っています。

 

「コラーゲン」はタンパク質の一つで主に血管や腱、歯、骨、皮膚などに多く見られており、血管を軟らかくしたり細胞同士を結びつけることにより、臓器のサポートや筋肉と骨を繋ぐ腱の構成など多くの働きがあるのです。

 

また、皮膚については皮膚組織の約90%以上を占有する真皮層の中に70%(水分を除いた乾燥重量)がコラーゲンだということから、肌の弾力を保つための働きがあります。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの肌への作用

 

肌のハリや弾力を保つことにより、ヒアルロン酸とコラーゲンはいずれも必要な成分と考えられています。しかし、このふたつの成分については体の中における異なる働きがあります。

 

ヒアルロン酸は水分保有力がとても高く、1gで6L、つまり、6000倍もの水分をキープすることができる成分だということです。この桁外れの保水成分を持つヒアルロン酸については、皮膚の真皮層でコラーゲンやエラスチンなど成分の隙間を満たして、水分を保有する働きをしてくれます。

 

これによって肌の乾燥を防いでうるおいを保っています。さらに、コラーゲンは皮膚の約40%を占める肌の土台になるとのことです。真皮の中に張り巡り、細胞と細胞をつなぎ合わせるベッドのスプリングのような働きをしているのです。

 

これが肌に弾力を生み出している働きとして考えられています。また、コラーゲンは皮膚の表皮細胞の新陳代謝を促進させることで、肌の老化を防ぐ作用もあります。

 

どちらともバランスよく保つことが美肌には求められます

 

皮膚組織の9割以上を占める真皮中ではコラーゲンが縦横無尽に張り巡っていることから、コラーゲンは引っぱる状態に強いとされ、肌の引き締めに役立っています。

 

また、真皮の中で張り巡らされたコラーゲンのすき間を埋めているのが、プロテオグリカンといったゼリーのような成分で、プロテオグリカンの主成分が水分を保持しているのがヒアルロン酸になります。そこで、ヒアルロン酸が少なくなると水分の保持が困難になることから肌が乾燥していくというわけです。

 

コラーゲンが少なくなると、水分をもったヒアルロン酸を一つにまとめることができなくなることで肌のたるみが生じてしまうのです。ヒアルロン酸が水分を吸収し、ヒアルロン酸をコラーゲンがしっかりとひきしめて美肌を保持するためには、ヒアルロン酸とコラーゲンをバランスを考えて摂り入れ続けることが大切になります。

 

今だけ!美白美容液&日やけ止めクリーム付!

 

7日間で私が変わる!?フラバンジェノール(R)7日間集中ケアセット

 

今なら14,200円相当→1,980円

おすすめ